So-net無料ブログ作成

HIVの感染に気づかない事例 いきなりエイズが増えている理由は

HIVとAIDSの感染が増えているのは主に発展途上国なのに、

日本は先進国では珍しく感染が増加している。

本来、情報が行き渡り、先進の医療が受けられる日本では意外なことに感染に気づかないで、いきなりエイズ発症の事例が結構あります。

HIVに関する正しい知識と検査を受ければエイズ発症で初めて感染に気付くという最悪の事態は防げるはずですが、エイズ発症が増えていることには日本独特の事情もあるようです。

このことに触れながら、検査の重要性を考えてみます。




いきなりエイズの発症が多い年代は



2015年のエイズ発生動向によると、

同年の新規のHIVの感染報告例が1434件

この中でHIVに感染していることに気付かず、エイズ発症で初めて感染に気付いた患者は428人、うち男性が409人、女性が11人に上ります。

HIVの感染に無自覚で、いわゆるいきなりエイズの発症の割合は30%にもなります。

さらにいきなりエイズを発生している年齢注目すると

40歳未満が19%
40歳以上が43%
50歳以上が50.6%

年齢が高くなるほどHIVの感染に気付いていない傾向が明らかになっています。

例えば、

下痢が長引く、熱も長く続く、体調が回復しないなどの理由で受診した病院でHIV感染が分り、エイズを発症している可能性を告知されたりするわけです。

この理由はいまの40代、50代の人たちがエイズやHIVの感染にまつわる報道とエイズに関する誤った知識にあるといえます。

40代、50代が検査を避けたがる理由は



日本人で初めてのHIV感染例が見つかったのが、1985年です。

ちょうど今の40歳代、50歳代の年齢の人たちが性に目覚めるころに当たります。

アメリカ在住の同性愛の日本人男性がエイズ患者と認定され、次いで血友病患者3例のエイズ発症、同性愛2例のエイズ認定などが続きます。

翌、86年には長野県の外国籍の女性、

87年には兵庫県で女性で初めての日本人感染者の発症が取り上げられました。

この日本人女性が風俗嬢であり、不特定打数の人と交渉があったというデマが流れ、

エイズとは

特殊な人たちの間の特殊な状況下で起こる病気

という誤解が広がりました。

今の中高年の人たちが思春期の時にテレビなどでこの一連の報道にさらされた訳です。

この年代の人たちはHIV感染者ということによる

・個人が特定される恐怖
・社会的なバッシング
・セクシャルマイノリティーの病気という誤解
・世間や周りの偏見

が強く印象付けられています。

このときの記憶がHIV検査に行くことを避ける傾向を作り出しているといえます。

本当は事実を知って、HIVに感染したら早期に治療を始めることでより長く、普通の生活を送ることができることはすでにこのブログ

HIVの治療で寿命は伸ばせるのか?

で説明していますね。

また自分が感染者だと知ることの恐怖も検査を避ける理由になっているようです。

◆当時のHIVとエイズに関する考え方

これらの報道がなされた1980年代、HIVやエイズは死を意味しました。

HIVに感染してエイズを発症すると1年から2年で死に至る不治の病でした。

感染は自分の余命宣告に等しかったのです。

でも今は感染を早期に発見することで寿命は大幅に伸びています。

仮に25歳の時にHIVの感染が分かったとすると薬の服用、新しい治療をおこなうことで余命は40年近く伸びることが分っています。

早期に自分が感染者であることを知ることは大きなメリットであって、エイズの発症を抑えるための治療を始めるきっかけになります。

そのきっかけを逃すことがいきなりエイズという最悪の結果を招いてしまいます。

冷静になれば当たり前に思えるこの行動は事実と向き合う心の準備ができていないとなかなかとれません。

HIV検査を受けることの重要性



もし、HIVの初期症状のようなものが出て自分に心当たりがあれば、検査を受けて結果を知るまでは恐怖との闘いだと思います。

私も風俗通いをしていた時に体調の異変を感じてから検査結果を知るまでははっきりって24時間不安の中で怯えていました。

心あたりがあれば検査を受けるきっかけは自覚できていますから、ためらうことは結果がどうあれ人生にプラスに働くことはありません。

もし、陰性なら幸運です。

それをきっかけに生活を改めて教訓として生きることもできます。

反対に、陽性なら発症前に治療をはじめられるので普通の生活で人の平均寿命くらいまで生きられる時代になっています。

治療開始が遅れれば遅れるほど人生の時間を浪費してしまうといえます。

これとは別に特に感染するような行為をしていない、心当たりがない人はどのようなきっかけで検査を受けようとは思わないでしょう。

パートナーがHIVに感染して、それを知らずに性交して感染してしまい、そのままエイズを発症してしまうケースが考えられます。

男性がパートナー以外の女性と交渉をもって、その女性がHIV感染者であり、男性に感染、

その男性は初期症状が出なければHIVの感染に気付くことはないでしょう。

さらに、自分のパートナーの女性との性交渉でその女性にもHIVが感染してしまう不幸なケースもあります。

女性もパートナーを信用しているでしょうから、自分がHIVに感染したことを知るきっかけはありません。

HIVの検査は保健所で匿名、無料で受けられます。

また、自宅でできる検査キットを使用すれば、保健所へ行くのをためらう理由のある人も自分がHIVに感染しているかどうかを知ることができます。

よく、自分がHIV検査をしたことが家族にわかってしまうと

やましいことをしているのではないか

性癖を疑われるのではないか

ということを気にして検査を避ける人もいますが、自分が感染者だったら性交渉をする限り他人に感染させてしまうリスクを背負ったまま生活していることになります。

特にいきなりエイズのが高い40代、50代の人たちは、

この動向が分ったことをきっかけにして

一度、保健所や検査キットを利用してHIV検査を受けてみてはどうでしょうか。

パートナーや家族にも相談しやすいきっかけになると思いますし、

ちょっとしたきっかけを逃さないことでいきなりエイズという最悪の結果を避けることができると思います。

さまざまな理由で保健所や病院で検査を受けられない方のため
自宅で出来る検査キット
さくら検査研究所

匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © HIV情報ブログ 初期症状と感染経路と治療 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます